ブティック創会社
 
 
作業工程
 計画・企画・裁断工程計画・企画・裁断工程  パーツ工程パーツ工程  組立工程 仕上げ検査仕上げ検査 
組立工程
毛芯のシャーリング
シャーリング(イセる為にギャザーを入れる)を入れ、横の地の目を正しくセットし加圧4kgのプレスでイセを殺し込む。毛芯の収縮を補うとともに胸の張りを立体的にする。
芯据え
芯据えは身頃に対して芯地を据えていく工程で、前身のドレープを仕立てるのにもっとも重要な工程です。
弊社では毛芯縫製を得意としております。毛芯の肩バスにはイタリア「ベルテロ社製」の本バス毛芯(馬の尻尾)の中でも最高峰の太く毛足の長い1本物を織り込んだ物を使用しております。反発力が強く肩線の崩れを防止し、胸の張りを出す効果があります。
最近では芯無し、肩パッド無し、裏地も最小限のアンコンジャケット(unconstructedアンコンストラクティド=非構築的なの意の略語)も人気があり独自に研究開発した仕様は長年の経験と技術が反映されています。
ハ刺しミシン
ラペルのハ刺し。ラペルがふんわりと綺麗な曲線を描いて柔らかく返るように表地に対して芯地のゆとりを入れる工程。本来は「ハの字」に手で躾を入れていた為「ハ刺し」と呼ばれている。
見返し据え
見返し据え。芯据え同様に前身の重要なポイントです。ラペルが綺麗に返るように緩みを入れたり前端や裾が反り返らないように躾を打ちます。
エイジングコントロールボックス
エイジングコントロールボックス。縫製途中のアイロンやプレスによる収縮で生じる縫い合わせ寸法の差を解消し製品完成後、時間経過と共に発生する型崩れ(ダレ、余り、ピリング)を防ぎます。
前返し
前返し工程。「キザミ」を品の良い丸みに仕上げ尚且つ左右対称にしていくためアイロンワークの感性と技術が要求される工程です。
■
AMFポイントミシン 通常のミシンは上糸と下糸を絡ませることで縫って行きますが、このミシンは1本の糸で針を上下に抜き刺しすることによりハンドで入れたような仕上がりになります。
肩パッド付け
肩パッド付け。日本人の体形の特徴でもある「前肩」にするため肩パッドを付ける際も複数ある芯やパッドを立体的に作り上げていきます。
裏地躾け処理
脇、裾の裏地躾け処理。ジャンピングミシンと呼ばれるミシンで裏地の躾けをいれていきます。
肩入れ
肩入れ。パターン上、前身と後身の肩線の距離は違います。短い前身に長い後身をイセ配分に注意しながら同じ距離に縫い合わせる事で肩の曲線(前肩)を作り上げます。
肩プレス
肩プレス。中間成型プレスの一つ。肩入れでイセ込んだ肩線を背や衿ミツの地の目に注意しながらプレスしていくことで形を安定させていく。
衿付け躾け
一枚衿ゴージ線ハシゴまつりの躾け打ち。上衿に適度なゆとりがありネックに沿った「登り衿」を作るためには熟練した職人技が必要です。
袖付けADLER
袖付け。袖はあらかじめ「グシ縫い」(素材やデザインにあったイセ分量で縫うこと)をしたものを身頃ににセットしていきます。ADLER
袖付けPFAFF
袖付け。アームホールはポイントによってイセ込む分量が違い尚且つ正確に縫わないと袖がねじれたりしわが出たりするので、上下送りでイセ分量を細かく調整ができるミシンを使っています。PFAFF
袖付け中とじ躾け止め
袖付け中とじ躾け止め。袖前、袖山に膨らみを持たせるタレ綿を付けてから、表地、パッド、タレ綿、芯地が一体になるようにして躾け止めします。
ホシ入れ
ホシ入れ SUGAHARA
 計画・企画・裁断工程計画・企画・裁断工程  パーツ工程パーツ工程 組立工程  仕上げ検査仕上げ検査 
Copyright (C) 2009-2009 Boutique創 Co.,Ltd. All Rights Reserved.